「RAV4 PHV」人気で注文一時停止は、わがままに突き抜けた結果?

開発者が語る「電動車でもこれだけの走行性能を出せると証明」

  • 0
  • 3

<トヨタ自動車ミッドサイズビークルカンパニーMS製品企画ZD主幹 宮浦猛氏>

トヨタ自動車のスポーツ多目的車(SUV)では初のプラグインハイブリッド車(PHV)。RAV4のDNAである「SUVのワクドキ」を突き抜けるモデルとして開発した。燃費や環境性能を重視しながらも運転の楽しさを追求して、独自のポジショニングをさらに強固にしていく。

新開発のプラグインハイブリッドシステムは、18・1キロワット時の大容量リチウムイオン電池と高出力化したフロントモーター、インバーターを組み合わせ、これまでのSUVにない異次元の走りを実現した。

とはいえ、アウトドアには大きな荷室が必要。プリウス2台分以上の電池は床下に搭載してスペースを確保した。座席を倒せばフルフラットになる。

コンセプトは「Eブースター」。「RAV4の魅力を電気の力で加速する」ことを掲げた。“E”には三つの意味を込めている。

一つ目は「エンジョイ」。排気量2000ccターボモデルクラスの競合車をしのぐ加速性能を実現した。航続距離は1300キロメートル以上を達成した。またHVよりも加速の体感性能を大幅に高め、減速感も強めた。よりスポーティーなドライビングフィールを感じられる。

二つ目のEは「エレクトリック」。AC100ボルト、200ボルト充電に対応し、最大1500ワット電源としてエンジンをかけずに7時間、電気を供給できる。移動できる電源車として、例えばキャンプシーンなどで役立つだろう。万が一の災害・停電時は、エンジンを使って3日間電気の供給が可能だ。

三つ目のEは「エンバイロメント」、環境だ。EV走行距離は95キロメートル、HV燃費性能もクラストップレベルを実現し、大幅に環境性能を向上させた。

デザイン面ではフロントメッシュグリルや、19インチアルミホイールといった専用アイテムを追加している。内装は黒で統一し、スポーティーさと上質感を持つ最上位モデルらしい仕様にした。

SUVの代表格であるRAV4で、PHVをラインアップに加えたのは、電動車でもこれだけの走行性能を出せると証明できるからだ。グローバル車種なので環境規制が厳しい国にも投入することができる。かゆい所に手が届く、ユーザーのわがままに応えられる車だ。より多くの機能を求め、さまざまな走りをしたい人に乗ってほしい。

【記者の目】
トヨタが満を持して投入したPHV。そのパワフルな走りは、“エコ”の印象が強かった電動車のイメージを変えそうだ。今回システムを確立したことで、今後はPHVの拡充も予想される。一方、バッテリーの生産能力が追いつかず、年度内の注文は一時停止している。車載電池の確保が、電動車戦略の最重要課題となる。

(日刊工業新聞名古屋支社・政年佐貴恵)

キーワード

関連する記事はこちら

特集