ついにカメラも8Kの時代!キヤノンから新たなフルサイズが登場

  • 0
  • 1

キヤノンは9日、世界初の8K動画撮影や世界最高水準の手ぶれ補正に対応したフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5=写真」をはじめ、新開発のカメラ2機種や交換レンズなどを発表した。性能の高さやバリエーションの拡充でプロの写真家や映像制作者、趣味層に狙いを定める。手頃な価格設定で既存製品や他社製品からの買い替えを促す。

「EOS R5」は7月下旬に発売。公式オンライン店舗の参考価格は46万円(消費税抜き)。有効画素数約4500万画素の新開発の相補型金属酸化膜半導体(CMOS)センサーを搭載。シャッター速度換算で8・0段の手ぶれ補正が可能。高い連写性能やオートフォーカス性能も備える。月産台数は1万2000台を見込む。

「EOS R6」は一眼レフカメラ最上位機のセンサーをもとに開発したCMOSセンサーを採用。8月下旬発売で参考価格は30万5000円(同)。月産台数は1万6000台。

望遠ズームレンズや超望遠の単焦点レンズも7月以降順次投入する。一眼レフ用の超望遠レンズは大型で高価格だったが、設計の自由度が高いシステムの特徴を生かすことでサイズや価格を抑えた。

関連する記事はこちら

特集