日産の混乱収まらず、わずか1年で北米事業トップ交代のなぜ?

  • 0
  • 0
ゴーン氏を追い出し北米事業の改革を狙った日産だが…

日産自動車は主力の北米事業でトップを交代する。ホセ・ルイス・バルス副社長(北米日産社長)が6月15日付で一身上の都合により退任し、北米日産のジェレミー・パパン氏が同事業を率いる。バルス氏は2019年4月に北米日産の社長に、19年12月には日産の副社長に昇格したばかりだった。

日産にとって北米は19年度の世界販売実績で3割以上を占める主力市場。中でも米国はこれまでの規模拡大路線の影響もあり新車の投入が遅れ、販売奨励金による値引き販売が増加した。ブランド価値が毀損して採算が悪化する悪循環に陥っており、業績立て直しに向け重要な地域の一つとなっていた。

北米日産社長に就任するジェレミー・パパン氏

日刊工業新聞2020年5月25日

COMMENT

中西孝樹
ナカニシ自動車産業リサーチ
代表

今から1年数か月程まえだろうか、西川元社長はゴーンを追い出し、米国改革を推し進めるために、ゴーンの子飼いで拡大主義で抵抗勢力のホセ・ムニョス(現・現代自動車)氏を更迭。その後任に選ばれたのが今回のホセ・ルイス・バルス副社長であった。結局、米国ディーラーとの関係悪化に歯止めがかからず、今回の人事となったようだ。

キーワード

関連する記事はこちら

特集