「コロナと暑さ」どちらの対策にも!YKK AP が発信する効果的な換気法

  • 0
  • 0
1面に2カ所、押し出し式の窓がついている製品

窓を有効活用していますか―。新型コロナウイルス対策として換気の重要性が叫ばれる中、樹脂窓などを手がけるYKK APが窓を利用した効果的な換気法をホームページで発信している。窓を専業に扱うメーカーとして、消費者に役立つ情報を発信するのが狙いだ。

具体策として、一般的な横にスライドさせる窓(引き違い窓)の場合、右側と左側の両方から開けて2カ所から空気を取り込むとよいという。

引き違い窓は2カ所開けると効果的

できれば窓は部屋の2面についていて空気の通り道をつくった方が換気効率は上がるが、都心など住宅が密集している場所では窓が1面しかない場合もある。「1面でも2カ所開いていれば空気は通る」(住宅商品企画部の竹原立明氏)という。

または同社製品の中に、前に押し出して開ける窓(縦すべり出し窓)のタイプで、1面に2カ所、空気を取り込める窓が付いている製品がある。この製品を使って2カ所、窓を開けるのも効果的としている。

さらに天窓や高所に窓がついている住宅では、そうした高い位置の窓を開けるのもよいという。低所の窓は空気を取り込む給気に、高所の窓は空気を逃がす排気に適しており、「高所と低所、両方を開けると換気がよくなる」(竹原氏)。

YKK APは今後もこうした情報を積極的にHPなどで発信していきたい考えだ。

関連する記事はこちら

特集