新型コロナで問い合わせ殺到の「オンライン習い事」、講師不足が課題に

主流になるか?オンライン学習 #2レアジョブ

  • 0
  • 1

新型コロナウイルスによる感染症の拡大による学校の休校や幼稚園・保育園の休園を受け、オンライン英会話学習サービスを提供するレアジョブには登録者数や問い合わせが急増している。「学校が休校になったタイミングで、何か習い事をさせたいと考えた保護者が多いようだ」と中村岳社長は話す。ただ、急増のせいで講師数が足らなくなり、せっかくのニーズをつかみきれない課題もある。(取材・昆梓紗)

会員登録が急増

レアジョブは海外の英語教師とオンランレッスンを行う「レアジョブ英会話」を行い、大人だけでなく小中高生も受講している。また子ども専用のオンライン英会話「リップルキッズパーク」では、4歳~12歳に向けたプログラムを提供している。

新型コロナウイルス感染症による休校、休園が決定した3月より、両サービスの無料会員登録者数が急増。レアジョブ英会話の小中高生の無料会員数は前月比3.4倍、前年同期比3.5倍増加。リップルキッズパークでは前月比約2.1倍、前年同期比約2.6倍の増加となった。(※)
 既存入会者でも、契約しているレッスン日以上にを受けられる「レッスンチケット」の購入が急増したり、「1カ月短期集中でレッスンしたい」というニーズが増加するなどの動きが見られた。

講師数不足

また、新規登録者数の急増により講師が足りなくなり、一時的に新規登録を制限せざるを得なくなった。リップルキッズパークでは子ども向けのレッスンに必要な素養をもつ講師を採用し、研修を行っている。オンラインレッスンでは子どもの集中力を保つことが対面授業以上に求められる。英語力だけでなく、楽しさを伝え、興味を引けるかどうかが重要だ。
 同社ではフィリピンで講師を採用し、現在200名ほどが登録している。しかし新型コロナウイルス感染症の影響でフィリピンでもロックダウンが行われているため、急激な増員が難しい状況だという。

リップルキッズパークのフィリピン人講師

リップルキッズパークでは、小学校3~4年生が受講生のボリュームゾーンとなっている。週1~5のコースがあるが、オンラインレッスンならではの特徴として、家族で同時に受講したり、レッスン日を分け合ったりすることも可能だ。「オンラインレッスンに慣れるためにも、まずは保護者の方が子どもと一緒に受講することをおすすめしています。慣れればレッスン時間に自分からパソコンに向かう子も出てきます」(中村社長)。

今後はオンラインレッスンと、教室への通学といったオフラインを組み合わせたサービスも展開していきたいと中村社長は話す。オフラインでは学習意欲を高めるようなサポートも想定している。

今回急増した登録者を定着させるためには、十分な講師数・レッスン数の確保が必要不可欠だ。既存・新規の受講者が安定してレッスンの予約を取れる状態を担保し続けることを優先して取り組んでいくという。

(※)前月比は2020年2月1日~2020年2月8日、前比は2019年3月1日~2019年3月8日と比較したもの

【特集】主流になるか?オンライン学習
新型コロナウイルス感染症の流行による休校・休園が決まって2カ月。いまだ再開の見通しが立たない。学習塾や習い事でも通塾やレッスン休止が相次いでいる。そんな中、自宅にいながら学習ができるオンライン学習サービスへの注目が急速に高まっている。現状と、上手な利用法、今後の展開について取材した。(不定期更新)

ニュースイッチオリジナル

特集記事

最大2万人の同時参加も!LINEが変えるオンライン学習の未来 (2020年04月24日公開)
新型コロナで問い合わせ殺到の「オンライン習い事」、講師不足が課題に (2020年04月25日公開)
もう学校機能の補完だけじゃない?休校で需要急増「学校向けオンライン学習」 (2020年04月26日公開)
休校中の自宅学習、ポイントは“習慣”!オンラインをうまく活用するには (2020年04月29日公開)
社会人も使える!ドワンゴの「参加感」重視のオンライン授業 (2020年04月30日公開)

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

従来は他の英会話スクールや教材と合わせて利用する受講者が多かったそうですが、これからはオンラインレッスンをメインにする人も増加するかもしれません。ただし、幼児教育にはスクーリングして対面での教育も、集中力を高めたりコミュニケーションのためには有用だと中村社長は話していました。

関連する記事はこちら

特集