「ビジネスにAI導入しなければ業績低下」77%、日本の経営者は世界に比べ危機感強く

米アクセンチュア調べ

  • 0
  • 1

米アクセンチュアは、日本企業の経営幹部の77%が、人工知能(AI)をビジネス全体に積極的に導入しなければ2025年までに業績が著しく低下するリスクがあると考えている、といった調査をまとめた。世界全体の75%を2ポイント上回る。日本を含む世界12カ国の16業界・1500人の経営幹部を対象に調査した。

同調査によると、AIの幅広い活用がビジネス戦略に不可欠と考える経営幹部の割合は、世界全体で84%に上る。ただ、AI機能を本格的に備えた組織の構築を実現できている企業は16%にとどまっている。

本格導入に成功した企業の共通特徴として、強固なデータ基盤、複数の専任AIチームの存在、経営幹部による戦略的かつ本格的なAI導入への関与―といった3要素を指摘している。

日刊工業新聞2020年4月15日

キーワード
アクセンチュア AI

関連する記事はこちら

特集