コロナ関連倒産31件、多い業種や地域は?

食品や飲食関連が多く

  • 1
  • 0
飲食店は来客も激減(写真はイメージ)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う関連倒産が増えている。帝国データバンクと東京商工リサーチによると、1日夕時点で全国で31件を数え、2月に始まった関連倒産が全国に広がってきた。政府は近く策定する事業規模60兆円超の経済対策で、相次ぐ倒産を防止できるかが最大の焦点になる。両調査機関によると、31件のうち14件が法的整理、17件が事業停止。東京商工リサーチの調べでは、業種は食品製造販売、レストラン・飲食店、宿泊・観光業、アパレル販売など、インバウンド(訪日外国人)需要と消費者対象の小・零細企業が圧倒的に多い。

エリア別では北海道、関東、近畿が各5件と最も多く、次いで中部、中国、九州が各4件と全国に及ぶ。都道府県別では北海道と東京都が各5件と最多だった。

日刊工業新聞2020年4月3日

特集記事

「日本では4月以降、新型コロナウイルスは生き延びにくい」は本当か (2020年03月19日公開)
新型コロナ「パンデミック」を乗り越えろ!治療薬・ワクチン開発最前線 (2020年03月15日公開)
【新型コロナ】工事は中止か継続か…ゼネコン各社で対応に苦慮 (2020年04月11日公開)
【新型コロナ】マスクメーカーが製造設備購入を即断できない事情 (2020年04月09日公開)
コロナ関連倒産31件、多い業種や地域は? (2020年04月04日公開)
“コロナ禍”も来年新卒の内定率は過去最高、「学生は落ち着いて活動を」 (2020年04月15日公開)
【新型コロナ】浴衣帯シェア9割を握る福井の織物企業が絹のマスクを生産開始! (2020年04月16日公開)
山中教授が新型コロナ対策で発信する「証拠の強さによる情報分類」 (2020年04月04日公開)

キーワード

関連する記事はこちら

特集