「臨時休校で食事の準備が大変」な家庭をサポート!家事代行を割引

  • 0
  • 0

タスカジ(東京都港区、和田幸子社長)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた全国臨時休校支援として、学校給食の代わりに料理を作り置く家事代行サービスの割引を始めた。同社の負担で500円を割り引く。家事代行の単価は1時間1500円からで同社は依頼者と働き手を仲介する。直前キャンセルの無償化なども始めた。

【関連記事】認知度8割、でも利用者は5%…家事代行サービスの基礎を知る

日刊工業新聞2020年3月5日

関連する記事はこちら

特集