部品調達できず自動車生産の支障広がる、日産は国内工場の休止拡大

米国生産に波及するリスクも

  • 0
  • 1
生産休止を拡大する日産自動車九州の工場

自動車メーカーが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、完成車の生産計画を調整する動きが強まってきた。中国から一部部品の調達が滞っているためだ。日産自動車は子会社の九州工場の稼働を6日に停止するほか、14日の休日稼働を取りやめる。またホンダやマツダ、スズキは車種ごとの生産順序を組み替える措置などを実施している。

日産は子会社の日産自動車九州の工場(福岡県苅田町)の全2ラインの操業を6日休止する。また14日は1ラインのみ休日稼働予定だったが取りやめ、9―11日は生産を絞る。また日産の栃木工場(栃木県上三川町)、グループ会社の日産車体は湘南工場(神奈川県平塚市)は3日一時停止する。湘南工場は7日の休日稼働も取りやめる。

複数の大手部品メーカーによると16日の週以降の在庫確保が課題だという。国内の完成車生産は不安を抱えた状況が続く。

日刊工業新聞2020年3月2日

COMMENT

中西孝樹
ナカニシ自動車産業リサーチ
代表

懸念した通り、日産自動車の国内自動車生産へのサプライチェーンの影響が拡大してきた。世界的な販売減速に苦しむ同社にはまさに弱り目に祟り目。同社の場合生産影響は米国工場へも波及するリスクがあり、経営への打撃が懸念される。ただし、経済対策が動き出せば自動車消費は常にそのけん引役を担わされる。長期に悲観するものではない。

キーワード

関連する記事はこちら

特集