ソニーがAI組織を設立!最初のテーマは「ゲーム」「イメージセンサー」「美食学」

  • 0
  • 0
 

ソニーは20日、人工知能(AI)の基礎研究や開発を手がける新組織「ソニーAI」を設立すると発表した。当初はゲーム、イメージング&センシング、ガストロノミー(美食学)の3領域を主要テーマに設定。関連分野やAI倫理などの研究も併せて、11月末―12月上旬に始動する。2020年春をめどにソニーが子会社化する計画。同社の既存事業の変革や新規事業の創出などに生かす。


日本と米国、欧州に拠点を置く。国内は東京、米国はテキサス州オースティンに開設予定。欧州では複数の拠点を置く方向で検討を進めている。ソニーAIの代表は同社の北野宏明執行役員が就任。米国拠点の代表は、テキサス大学オースティン校教授のピーター・ストーン氏が就任する。

キーワード

関連する記事はこちら

特集