「ウォークマン」が歩き出して40年!銀座の中心で音楽を語ろう

2019年、銀座ソニーパークの夏

壁面に歴代ウォークマンが並ぶ
 東京都中央区銀座にある銀座ソニーパーク(Ginza Sony Park)では、2019年7月1日(月)より、ウォークマン40年周年記念の期間限定イベント『#009 WALKMAN IN THE PARK』が開催されている。1979年7月1日に初めてウォークマンを発売し、”音楽が歩き出した日”から40年、時代とともに歩んできた約230台にのぼる歴代のウォークマンや、著名人40名によるウォークマンとのエピソードを綴った作品の展示など、様々な視点でウォークマンによる音楽を体感することができる。開催は2019年7月1日(月)~9月1日(日)の2ヶ月間、入場無料。

#009 WALKMAN IN THE PARK


 銀座ソニーパークは、2018年8月に開園してから2019年6月末までに、約345万人が来場している銀座の人気スポット。銀座の数寄屋橋交差点に面した場所に地上部と地下4層のフロアから成り、コンセプトカフェやショップがあるほか、開園して一年間で180以上のイベントや89回のパークライブが行われるなど、遊び心溢れる都心の立体公園だ。
 今回開催となる『#009 WALKMAN IN THE PARK』は、開園後9回目となる大規模イベント。“My story My Walkman”をテーマに、40年間で多様に変化してきたウォークマンの軌跡を辿りながら、音楽とともに日々寄り添い歩んできた“人”に焦点を当て、音楽を共有しながら楽しめる内容となっている。
 本イベント開催にあたり、ソニー企業株式会社の永野大輔社長は、「以前開催した『It's a Sony展』で、ソニーの商品を見ながら楽しそうに思い出を語るお客様の姿を見て、ソニーの存在価値は商品を作るだけではなく、お客様の物語を作っていくことだと感じた。商品は人とソニーをつなぐインターフェイスだ」と話し、開園一年を迎えたいま、この場所で初めてソニー製品の展示に踏み切った。

『My Story, My Walkman』


 地下1~3階の展示『My Story, My Walkman』は、ウォークマンが誕生した1979年から現代までを1年ごとに区切り、実際にウォークマンを愛用していたアーティストやクリエイター総勢40名の著名人によるエピソードに合わせて、各人が当時聴いていた楽曲をその年に発売されていたウォークマンで聴くことができる体感プログラム。各年代の機種を通して、40名40年分の多様な音楽体験をリアルに感じることができる。また、地下2階の展示フロアには、ローラースケートパークのような空間が広がり、座ったり寝転がったりしながら自由なスタイルでストーリーのある音楽を楽しむことができる仕様となっている。

ウォークマン1号機「TPS-L2」の視聴も可能

『Walkman Wall』


 地下4階には『Walkman Wall』と称し、壁面に約230台もの歴代ウォークマンが並ぶ。当時を想い出す懐かしの機種から最新機種まで、ソニー製品を通し、音楽の時代の流れを間近で感じることができる。横幅約6メートルにわたる音楽機器のウォールアートは圧巻。

『Walkman Wall』

『Custom Walkman』


 地下2階にある”余白スペース”には、アーティストの手によってカスタマイズされたウォークマンが飾られる。展示内容は定期的に変更されるため、常に斬新なウォークマンの姿を目にすることができる。第一弾のアーティスト「Funny Dress-up Lab(ファニー・ドレスアップ・ラボ)」は、ミニ四駆をドレスアップするために生産されたステッカーのみを用いてコラージュ作品を制作し続けており、世の中にあるドレスアップステッカーを使い切った時、制作にピリオドが打たれるという。限りある制作の一つとなる今作、ミニ四駆仕様にドレスアップされたウォークマンは一見の価値がある。

『Custom Walkman』

『Big Walkman』


 地上フロアには、高さ2.5メートルの巨大なウォークマンのオブジェが登場した。スポーツモデルの初号機「WM-F5」は、ポップなデザインで街に彩りを与えてくれる。今夏注目の撮影スポットだ。

『Big Walkman』

音楽は人生をもっと豊かにする


 本イベント初日、ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツの松本義典社長は、「今後も、より高音質で手軽に持ち歩けるウォークマンの技術開発を目指すとともに、今春に海外で発表した、360度全ての方向から音が届く「360 Reality Audio」のような新しい空間音響技術を用いて、人々が体験したことのない音楽体験も創り出していきたい」と考えを述べた。また、思い出のウォークマンについて聞かれると、「学生時代にバイトをして買った「ウォークマンⅡ(WM-2)」は特別。この一台が様々な音楽に出会うきっかけを作ってくれた。音楽を聴くことによって人生はもっと豊かになる、ということを多くの人に感じてもらえるような商品を提供していきたい」と話した。
 サブスクリプションサービスに溢れる現代、スマートフォンで音楽を聴くことが多くなってきているいま、これまで耳にしたことのない音を聴く感動は、ウォークマンの中にあるかもしれない。音楽が歩き出したこの場所で立ち止まり、都会の公園で休憩がてら音楽を語ってみるのも、きっと良い。

『#009 WALKMAN IN THE PARK』
開催期間:2019年7月1日(月)~9月1日(日)
開催時間:10:00~20:00
開催場所:東京都中央区銀座5-3-1
会場:Ginza Sony Park PARK GL/地上フロア~PARK B4/地下4階
料金:入場無料
URL:https://www.ginzasonypark.jp/program/015/
主催:Ginza Sony Park、ソニーホームエンタテイメント&サウンドプロダクツ株式会社

COMMENT

梶田麻実
デジタルメディア局
記者・編集者

新しい音を知る感動は、時代の変化とは関係なく在り続けます。高音質であることに限らず、ウォークマンが発売した当初のアナログでノスタルジックに思える音にも、新しい音となる可能性は十分にあり、なにより「いまとは違う新しい音」を耳にすることに価値があるということを、改めて感じることができました。これからも新しい音楽に影響され続けていきたいです。

関連する記事はこちら

特集