新幹線に事前予約制の特大荷物置き場ができる

東京五輪・パラリンピックに向けた措置

  • 0
  • 0
 JR東海は29日、JR西日本、JR九州とともに、2020年5月中旬をめどに、東海道・山陽・九州新幹線客室内の各車両最後部座席に事前予約制の特大荷物(写真)置き場を設定すると発表した。同座席を特大荷物置き場付き席として、従来の指定席料金と同額で販売。事前予約がない場合は手数料を徴収する。20年東京五輪・パラリンピックに向けて、大型荷物を持って新幹線で移動する訪日客らの利便性に配慮する。

 客室の荷物棚に収容できない3辺合計が160センチメートルを超える荷物が対象。23年度をめどに、車内デッキ部にもロック付きの専用スペースを設ける計画。

 同日会見した金子慎社長は「安心して新幹線を利用でき、スムーズに乗り降りできる」とアピールした。

関連する記事はこちら

特集