作業時間70%減のコンクリひび割れ対策新工法とは?

「フレックスクーリング工法」開発

  • 0
  • 6
新工法「フレックスクーリング工法」の使用例
 大林組はコンクリートの温度ひび割れ対策「パイプクーリング」の施工性を高めた「フレックスクーリング工法」を開発した。従来の鋼管に代え、軽量、長尺、人力で自由に曲げられる合成樹脂可とう電線管(CD管)を使う。

 新幹線の橋梁コンクリートに適用し、鋼管の使用時と比べて加工・配置関連の作業時間を約70%低減し、工法全体のコストを約40%低減した。

 CD管は1巻50メートルと長く、コンクリート内部に接続部を設けずに配管できるため、鋼管使用時に必須の接続部の漏水対策が不要になる。可とう性があるため加工せず使用でき、入り組んだ箇所への配置や鉄筋と干渉した際の調整も容易。1メートル当たり約120グラムと同2・4キログラムの鉄鋼より大幅に軽く、効率的な施工が可能だ。

 実規模試験と実施工での温度計測結果から、従来工法と同等の冷却性能、コンクリート品質を確認した。今後、現場に採用する。

関連する記事はこちら

特集