BBQで新卒採用選考、企業は何を見ている?

電巧社が実施、決め手は企画・運営・プレゼン力

プレゼンする学生
 電巧社(東京都港区、中嶋乃武也社長、03・3453・2221)は8日、2021年新卒採用向けのバーベキュー(BBQ)選考を実施した。大学3年生を中心に22人が参加した。学生がチームを組んでBBQの企画から運営まで行う。インターンの一環として、今回が2回目の開催。

 夏のインターンは3日間で、うち2日間はチームに分かれ、BBQのメニュー構成や予算など企画内容検討をした。当日は各チームが社員に向けてプレゼンを行い、料理を振る舞った。「新しい採用の形を模索している。今回のように学生の本来の姿を見ていきたい」(中嶋社長)と手応えを感じている。

 同企画は会社への理解を深めてもらうと同時に、BBQ選考を通じて、学生の「素に近い」自主性やプレゼン力などを考察することが目的。昨年行った20年度採用のBBQ選考に参加した2人を採用内定した実績がある。

 11月下旬から12月上旬に、冬のインターンも予定し、本格的な採用活動に入る。21年新卒採用は大学、大学院生で7人程度を想定する。

日刊工業新聞2019年8月9日

関連する記事はこちら

特集