正社員の副業、「今後も認めない」41% 理由は?

 日本商工会議所が「商工会議所LOBO(早期景気観測)調査(7月分)」に付帯して「正社員の副業・兼業に関する状況について」を会員中小企業に聞いたところ、現在認めていない企業が73%。その中で今後も認めない41・4%の企業の理由は「長時間労働・過重労働につながりかねない」が大半だった。

 副業・兼業に関し「積極的に推進している」のは1・7%。「容認している」が25・3%。認めるかどうか「現在検討している」が7・0%あり、「将来的には検討したい」が24・6%。残り41・4%は今後の検討余地も示していない。

 理由の上位2項目は「長時間労働・過重労働につながりかねない」(67・6%)と、「社員の総労働時間の把握・管理が困難なため」(49・4%)。

 政府が働き方改革の中で副業・兼業の普及・促進を図ろうとしているが、まさに働き方改革のために導入を否定している。

日刊工業新聞2019年8月6日

昆 梓紗

昆 梓紗
08月07日
この記事のファシリテーター

「副業=長時間労働、過重労働」とはちょっと違うような気もしますが…

この記事にコメントする

仲村 昌洋
仲村 昌洋
09月01日
どのような仕事でも、日々の仕事内容に集中していれば二足のわらじ等を考えている暇も体力も無くなるのでは。 自分が会社のために顧客のために何をするべきかを考えていれば一日は24時間でも足りないのではないでしょうか。 副業を考えるのであればもっと自分に合った仕事を見つけるべきですぐに転職した方が良いでしょう。
  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。