女性の心を掴んだ、スパークリングワインの工夫

メルシャンの新商品が人気

 メルシャンのリンゴのスパークリングワイン「おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル」が人気だ。3月発売から販売を大きく伸ばし、当初の年間販売目標の4万ケース(1ケースは500ミリリットル×12本換算)を6月中旬までの3カ月で突破。同社は販売目標を2倍の8万ケースに引き上げて需要増に対応している。

 ワイン市場の間口拡大を狙い、アルコール分を5%に抑えて飲みやすさを強調したシードルを女性やエントリーユーザー向けに投入した。

 醸造から瓶詰めまで製造時の酸化を抑制する独自の「フレッシュ製法」により酸化防止剤無添加の自然の味わいに仕上げた。

 同社では「リンゴの果実感や飲みやすいことが女性を中心に評価されており、『自然な香りが食事と合う』といった声が寄せられている」(広報担当者)と説明する。また、通常のワインより少ない容量500ミリリットルの飲みきりサイズや、再栓できるスクリューキャップの採用で手に取りやすくしたことも高評価としている。

日刊工業新聞2019年7月22日

関連する記事はこちら

特集