人手不足の対策なるか、ローソンが実験する無人営業店舗の仕組み

7月に横浜と都内で開始

 ローソンは7月に横浜市内の1店舗と東京都内の郊外にある1店舗で夜間無人営業の実験を始める。いずれもフランチャイズ加盟店で、横浜の店舗は来店客が多めで、東京郊外店舗と比較できるようにした。時間は午前1時から5時まで。入店には専用アプリによる事前登録が必要。会計はアプリかセルフレジで行う。夜間の無人営業が可能かを見極め、人手不足対策になるかどうかを検証する。

 スマートフォン上に表示される「QRコード」を入り口でかざし、本人確認後に入店する。購入品はセルフレジで現金や電子マネー、クレジットカードで支払う。アプリ「ローソンスマホレジ」を使えば、商品棚の前で決済できる。年齢確認が必要な商品は販売しない。実験開始当初は、店員1人を待機させるが、その後は完全無人にする。防犯のためカメラなどは増設する。

日刊工業新聞2019年6月17日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。