高効率のダイオードがカギ、デンソーが車載発電機を量産へ

電力損失を大幅に減らす。まず欧州車向けに搭載

  • 0
  • 9
高効率ダイオードを搭載した車載オルタネーター(デンソーの発表資料から)
 デンソーは、高効率のダイオードを搭載した車載発電機を量産化する。日立パワーデバイス(東京都千代田区)と共同で、ガソリン・ディーゼルエンジン車向けに、交流電力の変換時に電力損失を大幅に減らした発電機用高効率ダイオードを開発した。2019年度に発売される欧州車向けに生産を始め、順次、世界中の生産拠点で量産する。

 ダイオードはエンジンの回転で発電した交流電力を直流に変換する機能を持つ。デンソーは電動化の技術開発だけでなく、エンジン車の環境性能向上にも力を入れている。今回の高効率ダイオードの開発で発電効率を6%向上させ、車両の燃費改善につなげる。

 デンソーは発電機を世界10カ国以上で年間2500万台生産しており、全てを高効率発電機に切り替えた場合は二酸化炭素(CO2)を年間30トン削減することが可能という。

関連する記事はこちら

特集