軽くて薄くて曲がる!フレキシブルなアンテナの実力

AGC、5G向けに開発

 AGCは第5世代通信(5G)向けに軽量で薄く、曲がるアンテナを開発した。ミリ波帯域に対応する超低伝送損失特性も備え、車など多様な製品にアンテナを設置することが可能になる。2020年の5G本格実用化に向け、今後見込まれる需要拡大に対応する。

 今回開発したフレキシブルアンテナは、アンテナ材料としてフレキシブルCCL(銅張積層板)に同社のフッ素樹脂「Fluon+(フルオンプラス) EA―2000」を用いた。同フッ素樹脂は耐熱性や電気特性などの特性を維持しつつ接着性も保有する。フレキシブルアンテナ設計技術と組み合わせることで、伝送損失が低いだけでなく、軽量で柔軟性を持つアンテナを実現した。

 このため車などのモビリティーのほか、電子機器や産業機器といった多様な製品にミリ波向けアンテナを設置することが可能になる。次世代高速通信におけるミリ波帯の高周波アンテナ用基板には伝送損失が低い材料が求められているほか、IoT(モノのインターネット)用途では軽量や省スペース性も重要な要素となっている。

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。