個人データで好みのテレビ番組推奨、どんな仕組み?

富士通と電通が検討に着手

 富士通と電通は13日、個人が自分のパーソナルデータを主体的に管理できる「データポータビリティー社会」の到来に先駆けて、パーソナルデータを活用したライフデザインの共同検討に着手したと発表した。「マイデータ・マイライフ」と呼ぶ概念に基づき、個人に関わる時間と趣向のデータを活用し、個人にあったライフスタイルをデザインする実証実験を8月に、都内でワークショップ形式で実施する予定。

 実証実験の対象者は約200人を予定。別途サイトで応募する。実証実験に向けて構築するサービスでは、参加者自身の「グーグル・カレンダー」のデータを利用許諾に基づいて活用する。開発したアプリケーション(応用ソフト)と連携させ、趣味や趣向のデータをマッチングしてライフスタイルを提案する。

 参加者がその場で登録する個人の趣味や趣向データと、各自治体の募集・活動などの地域情報や、さまざまなイベント情報などの各種企業の情報を連動させ、個人それぞれの状況に合った情報をレコメンド(推奨)する。今回はテレビ番組情報などをもとに、各人の趣味に合ったテレビ番組情報などをレコメンドする予定。

 サービス基盤には富士通のパーソナル・データ・ストア(PDS)「ペルソニウム」を採用する。電通が提唱する「タイムフィリング」という考えのもとで富士通が開発したアプリケーションを使用する。

日刊工業新聞2019年5月14日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。