手術技向上を後押しする、本物の質感に近い心臓レプリカ

クロスエフェクトが開発

 クロスエフェクト(京都市伏見区、竹田正俊社長、075・622・2600)は、心臓の質感に極めて近く、幅0・2ミリメートルの微細形状も再現する立体構造の心臓レプリカ「超軟質精密ウェットモデル」を開発した。同社従来モデルから樹脂素材を変更し、より柔軟性を持たせる課題を解決した。超軟質で、糸や針、メスなどの手術器具を使った術前の予行演習、手術手技向上に使える。

 心房中隔欠損などの先天性小児疾患を再現した4タイプを評価サンプルとして5月に発売する。限定1000個で、消費税抜きの価格は5万2500円。予約受け付けをこのほど始めた。

 SCREENホールディングスや共栄社化学(大阪市中央区)などとの共同開発。SCREENは精密インクジェットプリンター技術を応用した3次元造形装置を、共栄社化学が新しい樹脂素材を開発した。医療機関などからCTスキャン画像を得て、最短2日で製作・出荷できる。大人の心臓やほかの臓器の製作も可能という。

日刊工業新聞2019年3月26日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。