飲食代金を手ぶらで支払い、実現する仕組み

NECが実証実験

 NECは、クレジットカードと連動した顔認証決済サービスの実証実験をNECグループ社員向け福利厚生施設「NEC芝倶楽部」で4月19日まで行う。NECの顔認証エンジン「ネオフェイス」を活用し、芝倶楽部の飲食サービスを利用するNECグループ社員を対象に、手ぶらで代金支払いが可能なキャッシュレス決済の仕組みを実証する。

 具体的には、カメラ機能を搭載するパソコンやスマートフォンなどを用い、事前に撮影・登録した利用者の顔画像とクレジットカードの情報をシステム上で関連付ける。飲食代金の支払いの際には、レジカウンターに設置したカメラで撮影する顔画像と事前に登録した顔画像を照合し、本人確認を行う。利用者はクレジットカードの提示や現金を使用することなく、安全性と利便性を兼ね備えた手ぶらでの決済が可能となる。

 実証実験などの成果を生かし、従来から提供している複数の決済サービス事業者との中継・連携を一括して行う決済ソリューション「マルチサービスゲートウェイ」のオプション機能として、顔認証決済サービスを2019年内に販売する予定。

日刊工業新聞2019年3月19日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。