「Galaxy Harajuku」オープン、VRや最新スマホを体験

 韓国サムスン電子は12日、最新のスマートフォンや仮想現実(VR)技術などを体験できる施設「Galaxy Harajuku(ギャラクシー ハラジュク)」を東京・原宿でグランドオープンした。同社製のスマホ「Galaxy」を最短60分で修理するカスタマーサービスセンターを国内で初めて設けた。これまで携帯ショップに預けて1週間程度かけて修理する必要があった。

 ギャラクシー ハラジュクは地下1階・地上6階建てで延べ床面積は2398平方メートル。会員制交流サイト(SNS)の「インスタグラム」に投稿した写真を映し出す部屋(写真)やスマホの製造工程を見られるコーナー、VR体験施設などを設けた。建物の外観はデザイナーの吉岡徳仁氏が1000台以上のスマホを使ってデザインした。投資金額は非公表。

 同日会見したサムスン電子の高東眞(コ・ドンジン)最高経営責任者(CEO)はギャラクシー ハラジュクについて「日本の消費者とコミュニケーションを取ることができ、顧客の意見に耳を傾け、学習できる場所としての役割を果たしていく」と述べた。

日刊工業新聞2019年3月13日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。