災害に強い“トイレ”とは?

LIXIL、災害時でも平常時と同様に使える公共トイレを開発

  • 0
  • 0
 LIXILは7日、災害時にも平常時と同様に使用できる公共トイレ「レジリエンストイレ=写真」を開発し、4月1日から全国で販売すると発表した。

 災害時に断水しても洗浄水量を平常時の5分の1に切り替えると、1回1リットルで水洗トイレとして使用できる。少量の水で洗浄することができるため災害時でも必要量を確保しやすい。避難所での普及を進めていく。洗浄ハンドルと開閉弁がロッドで連動する強制開閉弁を採用した。

 重力で汚物を排出しバネの力で弁を開閉する仕組み。断水時に下水道まで汚物を搬送するため、配管設計にはポンプで循環させるタイプと1時間ごとに水を流す手動給水タイプの二つを提案する。消費税抜きの価格は18万円。

日刊工業新聞2019年3月8日

関連する記事はこちら

特集