「可視光通信」で道案内がもっと便利に

パナソニックが3月にシステム提供開始

  • 1
  • 11
写真はイメージ         
 パナソニックは19日、鉄道事業者などが駅構内や地下街の道案内サービスを簡単に構築できるシステムを3月から提供すると発表した。発光ダイオード(LED)による可視光通信装置と道案内用のソフトウエアを使う。全地球測位システム(GPS)の電波が届かない屋内でも、可視光通信でスマートフォン利用者の位置を正確に測定し、道案内するサービスを実現できる。

 同サービスは地下街などの利用者が、専用アプリケーション(応用ソフト)をインストールしたスマホを使って利用する。可視光通信機能を持つディスプレーや看板などにスマホをかざし、道案内の情報を取得。受信場所を起点とした目的地までのルートを、スマホ画面上に拡張現実(AR)で表示する。可視光通信技術はブルートゥースなどの無線通信と比べ、混雑した環境でも通信しやすいメリットがある。

日刊工業新聞2019年2月20日

関連する記事はこちら

特集