東大阪の企業が異業種連携でラグビーW杯を盛り上げる!

異業種グループの創遊夢が“ラグビーボール型”の土産を開発

 2019年に開催されるラグビーワールドカップ(W杯)の会場の一つとなる大阪府東大阪市で、市内の中小企業などが異色の協業で地元の土産を開発した。協業したのは中小や飲食店などからなる、異業種グループの創遊夢(そゆうむ、松田和人代表幹事、072・960・0158=駒林鉄工所)。ラグビーボール型のパッケージに、チョコレートケーキなどの焼き菓子を詰めた土産を発売した。

 商品名は「The Higasiosaka!(ザ ヒガシオオサカ)」。中身も外見も“東大阪もん”だ。段ボールなどを手がけるマツダ紙工業がパッケージを、洋菓子店のシェ・アオタニが焼き菓子をそれぞれ作った。価格は消費税抜きで2000円。売り上げの2%を同市に寄付する。松田代表幹事は「(花園ラグビー場で行われる)W杯を一緒に盛り上げたい」と意気込む。

日刊工業新聞2018年12月18日

国広 伽奈子

国広 伽奈子
12月18日
この記事のファシリテーター

2019年のラグビーW杯では国内の12カ所が会場になります。他の会場でも開催に向けてどのような取り組みを進めているのか気になります。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。