コンビニの“顔認証”活用は無人店舗のためではない?

セブンイレブンとNECが実験店舗を開設

 セブン―イレブン・ジャパンとNECは17日、NECの顔認証による入店や決済、人工知能(AI)を活用した発注などの実証実験を始めたと発表した。AIやIoT(モノのインターネット)など最新技術によって顧客や店員への負担を低減し、省人化店舗の展開を検証する。

 実験店舗は三田国際ビル(東京都港区)の20階に開設した。利用できるのはNECグループの社員限定。顔認証や社員証で入店し、決済もできる。顔画像から年齢や性別を推定して店内の大型画面に顧客にあう広告を表示し、商品などを提案する。

 また、AIによる商品発注で作業時間を減らすほか、設備の稼働状況からメンテナンスの最適なタイミングを伝える仕組みで従業員の負担を低減する。

 古屋一樹セブン―イレブン・ジャパン社長は「無人店舗は考えていない。空いた時間を接客などに回して、顧客との接点を増やしてもらいたい」と強調した。

日刊工業新聞2018年12月18日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。