“道の駅”が地方観光の拠点に、積水ハウスとマリオットがホテル開業へ

開業予定は20年秋以降、15カ所で計1000室規模

  • 0
  • 0
 積水ハウスと米マリオット・インターナショナル(メリーランド州)は28日、2020年秋以降に5府県15カ所の「道の駅」に宿泊に特化したホテルを開くと発表した。道の駅を拠点として周辺の観光資源をつなぐ仕組みを整え、集客力を高める。都内で会見した積水ハウスの仲井嘉浩社長(写真左)は「地域の文化や風習、暮らし、食といった資源を渡り歩く、新しい旅のスタイルを提供したい」とした。

 マリオットが日本初上陸のホテルブランド「フェアフィールド・バイ・マリオット」を運営する。両社が各自治体と連携して進める地方創生事業「トリップベース 道の駅プロジェクト」の一環で、積水ハウスが設計・施工を担う。国内で人気が高い体験型旅行や訪日外国人観光客の増加を追い風に、まず15カ所計1000室規模で開業。段階的に全国への展開を目指す。

 20年秋以降に開業を予定するのは栃木県3カ所、岐阜県4カ所、三重県2カ所、京都府3カ所、和歌山県3カ所。

日刊工業新聞2018年11月29日

関連する記事はこちら

特集