大谷選手にビジネスパーソンが学ぶべきこと

経済効果にも注目集まる

 「充実したシーズンだった」―。22日、都内の日本記者クラブの会見で、米大リーグ1年目をこう振り返ったエンゼルスの大谷翔平選手(24)。西川産業(東京都中央区)が商品のイメージキャラクターへの起用や船井電機が所属チームとパートナーシップ契約を結ぶなど企業からのラブコールも多い。その経済効果にも注目が集まる。

 船井電機ではパートナーシップ契約について、日米両国でのブランド確立と認知度アップとしている。主な内容は、エンゼルスの本拠地であるアナハイムの「エンゼル・スタジアム」で大谷選手が投手として先発出場する際のイニングに広告がホームプレート裏に掲出されるなど。今季ア・リーグ新人王に輝くなど投打二刀流で存在感を示した大谷選手効果で、さらなる飛躍が期待される。

 また、グローバル化が進む日本企業で働くビジネスパーソンにとっても、海外に活躍の場を移した大谷選手の姿勢は見習うべきところが多い。米大リーグは、総合的にレベルが高いと感じたという。「技術が進歩しており、自分が変わらなければ進化していけない。自分のスタイルを変えたくない思いもあったが、それだけでは駄目だ」と奮闘した。

 さらに、自身が海外で戦うための原動力について「野球を始めた頃から野球が好きだった。その思いが今も変わらない。今も球場に行くことが楽しいし、プレーをするのが楽しい」と語る。

 大谷選手は、来シーズンは主に打者として出場することになるという。今シーズンの反省点は「(けがで)チームが大事な時に離脱した」こと。「最後までチームの戦力になれるよう戦いたい」というその活躍に期待する。

日刊工業新聞2018年11月23日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。