しっぽの動きで癒やし与えるロボ、予約締め切るほど人気に

ユカイ工学、10月発売予定

  • 0
  • 8
動物のしっぽの動きを再現した癒やしロボ「クーボ」
 ユカイ工学(東京都新宿区、青木俊介社長、03・6380・4710)は、10月中旬発売予定のクッション型セラピーロボット「Qoobo(クーボ)」の予約販売サイトでの受け付けを8月31日で締め切る。コンセプトを発表して2017年12月末から同サイトで受け付けを開始し、予約・受注数が好調で5000台を突破したことが理由。

 クーボは「疲れて帰宅したときに、癒やしの存在が家にいてくれたら」との女性デザイナーの思いをきっかけに開発した。犬や猫のように心の安らぎを与えてくれるロボットを作ろうと、動物の“しっぽ”に着目。膝に載せたり抱き上げたりするときにちょうどいい重さやサイズになることと、気持ちの良い手触りにこだわった。また、実際の動物のしっぽの動きも研究し、再現する機構やプログラムを工夫した。
 
 クーボの寸法は幅320ミリ×高さ150ミリ×奥行き520ミリメートル。重量は約1キログラムでニッケル水素充電池で動く。消費税抜きの価格は1万2000円。10月の発売時はロフトなどの小売店での取り扱いが決まっている。

日刊工業新聞2018年8月29日

COMMENT

葭本隆太
デジタルメディア局
ニュースイッチ編集長

イメージはネコでしょうか。そっと撫でるとふわふわ、たくさん撫でるとぶんぶん、ときどきは気まぐれに、しっぽを振ってくれるそうです。

キーワード
クーボ

関連する記事はこちら

特集