AIがレシピ考えた「日清カレーメシ」はトマトベースでチキン入り

  • 0
  • 3
 日清食品(東京都新宿区、安藤徳隆社長、03・3205・5111)は20日、インスタント食品「日清トマトチキンカレーメシ AIが考えた=写真」を9月3日に発売すると発表した。人工知能(AI)が2400万通りの食材の組み合わせから最適なレシピを選定し、商品化。価格は220円(消費税抜き)。

 同商品は湯を注ぎ、かき混ぜて、とろみのあるカレーが調理できる。カレールーにはトマトをベースにチキンのうま味を加えた。開発ではビッグデータ(大量データ)から既存商品「カレーメシ」の購買者が好むレシピの傾向を分析。AIを駆使して、メーン食材と量を選び、さらに同食材と相性の良い材料を選び出した。AIの活用では東京理科大学理工学部の大和田勇人教授が監修した。

日刊工業新聞2018年8月21日

COMMENT

葭本隆太
デジタルメディア局
ニュースイッチ編集長

「日清カレーメシ」は、カップにお湯を注ぎ、5分待ち、かき混ぜて食べるインスタント食品。私は今まで食したことはないのですが、AIが考えたレシピと、人が考えたオリジナル商品を食べ比べしてみたいです。

関連する記事はこちら

特集