打ち上げ成功率は97%超、三菱重工「ロケット」さらなる意欲

世界に信頼性をアピール

 三菱重工業は9月11日に打ち上げる大型国産ロケット「H2B」に関し説明会を開き、ロケットの執行責任者である二村幸基執行役員フェロー(写真)は「ロケットの打ち上げ成功率は97%以上を維持している。今後は成功数を増やして実績を積み上げ世界に信頼性をアピールしたい」と語った。同社と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ補給船「こうのとり」7号機を搭載したH2Bを鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターから打ち上げる。

 こうのとりはISSに水や食料、実験器具などを運ぶ。さらに今回、大気圏再突入用カプセルをISSに運び、ISSから地球に物資を運ぶための実証実験を実施する。

日刊工業新聞 記者

日刊工業新聞 記者
08月09日
この記事のファシリテーター

2020年度の打ち上げを目指す新型基幹ロケット「H3」の開発状況も報告。今冬には秋田県の田代試験場で1段推進系システムと第1段エンジンとを組み合わせた燃焼試験を行う。
(日刊工業新聞・鈴木真央~

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。