ハウステンボスに「たこ焼きロボ」の店オープン

 コネクテッドロボティクス(東京都小金井市、沢登哲也社長)は20日、ハウステンボス(長崎県佐世保市)内にロボットたこ焼き店「オクトシェフ」を開店する。ロボット(写真)がたこ焼きの調理を担当。店舗スタッフは熱い鉄板の前に立つ必要がなく負担が大きく減る。店舗を運営に従来は3、4人必要だったが、1人で済む。

 アーム型の協働ロボットと人工知能(AI)技術のディープラーニング(深層学習)による画像認識など最新技術を組み合わせてシステムを構築した。

 食材の仕込みとトッピングは人間のスタッフが行い、ロボットが調理する。アームや独自の器具を使って生地の流し込みや焼き上げをする。画像認識で焼きムラがないかを確認しつつ、器用にピックを使ってたこ焼きを回しつつ焼く。たこ焼き店舗ではたこ焼きロボ以外に、ソフトクリームのロボットも稼働する。

日刊工業新聞2018年7月20日

平川 透

平川 透
07月20日
この記事のファシリテーター

リリースでは、「(たこ焼きロボットの)【調理能力】 たこ焼き作り(行程:生地流し込み~焼き上げ)、AI機能により、焼きムラがないか確認することも可能です。」とあります。ひっくり返す作業は人とロボットどちらが担当するのか気になりました。

この記事にコメントする

古川 英光
古川 英光
07月20日
たこ焼きにロボティクスとディープラーニング。今風ですね。「店舗スタッフは熱い鉄板の前に立つ必要がなく負担が大きく減る。店舗の運営に従来は3、4人必要だったが、1人で済む。」寿司もいずれはロボットが握った方が美味しさが一定になるという予測(海老原嗣生さん)が、既に実現され始めています。
  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。