窓がない職場にも青空と太陽を作り出すLED照明

凸版印刷が発売

  • 2
  • 5
コエルクス・エクスペリエンス・スカイ
 窓がない職場にも青空と太陽を―。凸版印刷は、太陽の光と青い空を再現する屋内用の発光ダイオード(LED)照明システム「コエルクス・エクスペリエンス・スカイ=写真」を発売した。太陽光が地球に届く際、大気圏で波長の短い青い光が散乱し、空が青く見える現象を人工的に作り出す。窓がないオフィスや工場をはじめ、洋服店などからの需要を見込む。

 イタリアの大学発ベンチャー企業が開発した同システムは、太陽光と同様の波長を生成するLED照明の光をプラスチックのシートに当てて、自然光と青い空を再現する。オフィスや工場などで、セキュリティーを確保するために窓を設置していない部屋に採用すれば、労働環境の改善につながる。洋服店の店舗内や試着室で、日光の下で着用した状態を確認するといった用途も見込める。

 送料・施工費を除くシステム価格は460万円(消費税抜き)から。受注から施工完了までの期間は約2・5カ月。システムの導入・設置はタテイシ広美社(広島県府中市)と連携し、都市型ホテルや商業施設、マンションなどにも販売する。

日刊工業新聞2018年6月14日

COMMENT

葭本隆太
デジタルメディア局DX編集部
ニュースイッチ編集長

写真を見ると鮮やかな青空に見えます。夜とかはどんな体感になるのかが気になります。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる