「岡山―小豆島」が豪華客船フェリーになる!

デザイナーは「ななつ星」の水戸岡さん

  • 0
  • 3
建造するフェリー(イラスト)
 両備グループ(岡山市北区)は、新岡山港(岡山市中区)―小豆島土庄港(香川県土庄町)間の定期航路に豪華客船化したフェリーを新造する。老朽化した既存船の代替船として建造する。現在、同航路に3隻就航しており、2017年度の旅客数は約23万人。新船投入で訪日海外旅行者も獲得し、約2割増やしたい考え。建造費は約14億円、19年4月末の就航を予定する。

 新船は観光列車「ななつ星in九州」などを手がけた水戸岡鋭治氏がデザインする。藤原造船所(愛媛県今治市)で建造し、全長約60メートル、幅約14メートル、総トン数は約900トン、座席定員は248人。

 サロン室やキッズルームを設け、バーベキューも可能とし、子どもから大人までクルーズ気分を味わえるコンセプトとした。

日刊工業新聞2018年5月28日

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

これは楽しみ!小豆島に行ったことがないのでぜひ足を運んでみたくなった。瀬戸内は「日本の地中海」になれるポテンシャルを持っているのでもっともっと世界に向けてブランド化していって欲しい。

キーワード
水戸岡鋭治 新船 岡山市

関連する記事はこちら

特集