自らを奮い立たせたマツダ次期社長の飽くなき挑戦

丸本氏の素顔とは?

 6月26日付で丸本明副社長(60)が社長兼最高経営責任者(CEO)に就任することを決めたマツダ。2024年3月期に年間世界販売200万台(18年3月期は163万台)を目指す中長期の経営方針をまとめたばかり。丸本次期社長にかかる期待と課題は多い。一体、どんな人物なのか。

 ミニバン「MPV」の開発主査を務めるなど技術者出身。米フォード傘下にあった99年に41歳の若さで取締役に就任し、早くから将来の幹部候補と目されてきた。13年に小飼氏が社長に就任した後は副社長として経営を支え、17年に発表したトヨタ自動車との業務資本提携では実務をリードした。
  
 11日の会見で本人の口からもっとも多く聞かれたのが「挑戦」という言葉。ロータリーエンジン開発を率い、17年末になくなった山本健一元社長の残した「飽くなき挑戦」という言葉を引き、「マツダ規模の会社は、常に挑戦し続けることがきわめて重要」と自らを奮い立たせるように語る姿が印象的だった。

 一見取っつきにくいような表情をしていることも多く、社内からも「厳しい人」と見られている様子。だが、接してみると気さくで照れ屋な一面もあり、こうした点は山内孝元社長・会長や金井誠太会長とも共通するキャラクターだろう。

 小飼雅道社長の経営を副社長として支え、ゴルフの場などでは2人仲良くプレーする姿も多く見られてきた。だが本人は「ゴルフは小飼(社長)に勝てないので、2年前にやめた」と打ち明ける。

【略歴】
丸本明(まるもと・あきら)80年(昭55)慶大工卒、同年東洋工業(現マツダ)入社。99年取締役、02年執行役員、06年常務執行役員、10年取締役専務執行役員、13年副社長。広島県出身。



日刊工業新聞2018年5月14日

明 豊

明 豊
05月16日
この記事のファシリテーター

トランプ政権が輸入車に20%関税を課すことをちらつかせるなど米国対策はマツダにとって大きな課題。丸本氏によってトヨタシフトも強まるだろう。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。