アサヒ飲料、天然水をラベルレスにするワケ

通信販売専用で5月に発売

  • 14
  • 5
ラベルレスの商品
 アサヒ飲料は商品にロールラベルをつけない(ラベルレス商品)「アサヒ おいしい水 天然水 ラベルレスボトル=写真」を5月から発売する。通信販売専用のミネラルウオーターでボトルに添付するラベルを削減。リサイクル時に剥がす手間も省く。ラベルレス商品は同社で初めて。

 新商品のラベルレスボトルは600ミリリットルと1・9リットルの2種で、総合オンラインストアのアマゾンでテスト販売を開始する。従来、ラベルに記載していた原材料名などは外装段ボールに一括表記。リサイクルマークなどはタックシールでボトルに添付する。ラベルに使用する樹脂量は約90%削減できるという。

日刊工業新聞2018年4月30日

COMMENT

葭本隆太
デジタルメディア局
ニュースイッチ編集長

確かにペットボトルを捨てる際、たまにラベル剥がしに手こずるときがありますね。ちなみに、同社は環境負荷低減の取り組みとして、2016年から植物由来の原料からなる「オールバイオ資材」を使用した「三ツ矢サイダー」の販売なども行っています。

関連する記事はこちら

特集