透明で曲がる太陽電池シート、東北大が開発

車のフロントガラスなどに貼れる

 東北大学大学院工学研究科の加藤俊顕准教授らは、透明で曲げられるシートを使った太陽電池を開発した。発電効率は、同様の太陽電池では世界最高性能となる0・7%を達成。車のフロントガラスや携帯電話のディスプレーなどに貼れる太陽電池の開発につながる可能性がある。成果は20日、英電子版科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

 材料には、透明な「遷移金属ダイカルコゲナイド」(TMD)を採用。これまでTMDを使った有色の太陽電池はあったが、透明な太陽電池は初めてだという。

 太陽電池の構造は、従来の半分となる二つの電極だけで発電できる「ショットキー構造」を導入。これまでの構造では、四つの電極と絶縁体が必要だった。

 その結果、従来難しかった1センチメートル四方の基板上に太陽電池を敷き詰めることに成功した。太陽電池の実用化の課題だった、大面積化につながる。

日刊工業新聞2017年9月21日

明 豊

明 豊
09月21日
この記事のファシリテーター

シリコンを使った一般的な太陽電池は光を通さず、黒色だ。そのため車のフロントガラスなどに設置するのは難しい。透明で曲げられる太陽電池が実現すれば、そういった用途に加えて人体の皮膚などにも太陽電池が設置できるようになると期待される。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。