国産ウイスキー原酒不足に新風を!キリンが二つの新ブランド

キリンビールは17日、4月以降に国産ウイスキーの新ブランド「富士」と「陸」を展開すると発表した。国産ウイスキーの原酒不足が続く中で、新たな価値として穀類を原料とするグレーンウイスキーを中心に新ブランドを提案する。2020年の国産ウイスキー売上高で前年比22%増の39億円を目指す。 4月21日に発売するプレミアムブランド「キリン シングルグレーンウイスキー 富士」(700ミリリットル)は香味タイプの異なる3種のグレーン原酒を使用。当面は業務用に販売する。30―40代のプレミアムユーザーをターゲットにする。 ブレンドウイスキー「キリンウイスキー 陸」(500ミリリットル)は5月19日に市場投入する。完熟オレンジやバニラなどの香りを特徴に、ハイボール、水割りなど多様な楽しみ方を提案。価格は1300円前後を想定する。 生産子会社のキリンディスティラリーの富士御殿場蒸溜所(静岡県御殿場市)はグレーンとモルトの両原酒を製造できる。ライトからヘビーまで3タイプのグレーン原酒を造れる特徴を生かし、グレーンウイスキーを中心に新ブランドを立ち上げ国産ブランド基盤を強化する。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集