京成上野駅が訪日外国人に優しいリニューアル

自動改札も変化

すべての自動改札はスーツケースを持っていても通りやすい幅広タイプに更新

 京成電鉄は19日、京成上野駅の改装工事を完了し、オープンした。観光情報センターや外貨両替店の改装、手荷物預かり所の新設など観光に便利なサービスを拡充。さらに、電車の行き先表示器を多言語対応にするなど、今後のさらなる増加が想定される訪日外国人(インバウンド)の利用者に対応するための機能を拡充した。  同工事は2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた準備の一環。発券所や改札外の店舗、コンコースなど駅構内の全面改装工事を17年4月から進めてきた。同日のリニューアル記念式典で同社の小林敏也社長は「京成上野駅はコンパクトでありながら、あらゆる人の利便に供する施設になった。上野のにぎわいづくりに貢献していきたい」とあいさつした。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集