共感が変える消費

消費者が商品を選ぶ際の判断基準に「共感」が大きく影響するようになってきた。コロナ禍以降、商品やサービスの品質が良いだけでなく、その背景にある製造プロセスでの環境や関わる人への配慮、業界構造問題に対する提起など、企業姿勢まで見据え共感に値するかを評価する向きが高まっている。

その他の特集はこちら

工場発、「モノづくりの面白さ」と「技術のすごさ」を伝えるポップアップストア開催!

日刊工業新聞社では日本のモノづくり企業の技術と知恵、センスとギミックが詰め込まれた、「グッド」なmade in 工場の製品を紹介するポップアップショップ「グッドファクトリーショップ」/2022年1月21日(金) 、22日(土) 10:00~20:00/渋谷 道玄坂 hotel koe tokyo(東京都渋谷区宇田川町3−7)

改正・電子帳簿保存法の全容と取り組むべきこと

請求書や契約書などの国税に関連する帳簿類・証憑類を電子で保存する際のルールを規定した「電子帳簿保存法(電帳法)」が2022年1月に改正施行します。この改正により「メールで受け取ったPDFの請求書を印刷して経理に提出する」といったごく一般的に思える請求書業務のフローが変わることになるかもしれません。今から知っておきたい電帳法改正のポイントを公認会計士の柴野亮さん(Sansan株式会社 Bill One Unitプロダクトマーケティングマネジャー)が解説します。