動物のDNA操作、サイボーグ化は倫理的にどこまで許されるのか?

<情報工場 「読学」のススメ#13>『サイボーグ化する動物たち』(エミリー・アンテス 著)

  • 0
  • 0

ケースバイケースで適切に倫理的判断をしていくべき


 動物の改変技術が進歩し、クローンや新品種、サイボーグ動物の実社会での利活用が進んだ結果、私たちの社会にどんなことが起こるのか。それは誰にもわからない。ただ、ケースバイケースで考え、可能な限りリスクを予測し、倫理的歯止めをつくっていくことは必要だろう。

 NHKのドキュメンタリー番組用の取材をもとにした『里海資本論』(角川新書)では、瀬戸内海における「里海」の復活をリポートしながら、自然と人間の関係について考察を進めている。それによれば、人間は自然に「適切に手を加える」ことで、本来の命のサイクルを取り戻すことができるという。自然に畏れを抱いて指一本触れないのではなく、人も自然の一部として、度を超さない程度の手を加えていくべきということだ。

 これは、テクノロジーの進歩に伴う人間と動物の関係にも当てはめられるだろう。問題は、どこまでが「適切」かというところだ。その判断は、誰がどのように下すにせよ、テクノロジーの進歩の後追いにならざるを得ない。先に倫理的に歯止めがあると、科学技術の自由な発展を妨げるからだ。

 映画『ペット・セメタリー』は、結局「死」という運命に抗うことはできないというメッセージを発し、それに対する哀しみが鑑賞者の心を揺さぶる。「運命に抗う」ことがテクノロジーによって可能になり、それがさらに発展しようとしている今、私たちはそれをどう受け止めるべきなのだろうか。

(文=情報工場「SERENDIP」編集部)


『サイボーグ化する動物たち』
エミリー・アンテス 著
西田 美緒子 訳
白揚社
288p 2,500円(税別)

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

冨岡 桂子
情報工場

AIや生命操作のテクノロジーが進化していくにつれ、「命とは何か」、「生きるとは何か」ということについて、私たちは今まである程度の答えを持っていたように思います。しかし、“普通のこと”と思っていたことが、AIや生命操作のテクノロジーが進化していくにつれ、そもそもの価値観を揺さぶる全く新たな疑問になっていきそうです。ギリシャ時代、哲学から出た問いが科学を生んだと言われていますが、それが発展していくと、今度は、(大ざっぱにいうと)科学から出た問いが哲学の領域になっていきそうです。興味深い反面、納得できる答えは見つかるのか見当がつきません。

関連する記事はこちら

特集