ペットボトルの再生過程をアプリで確認、都内ファミマで実証

  • 0
  • 0
アプリ画面(イメージ)

旭化成はファミリーマート(東京都港区)などと共同で、消費者が自分の捨てたペットボトルの再生状況などを追跡確認する実証実験を26日から開始する。ファミマ立石五丁目店(同葛飾区)に回収箱を設置する。スマートフォンの専用アプリケーション上で投入した本数や再生状況、二酸化炭素排出量削減効果を見える化し、消費者の行動への影響を検証する。期間は11月25日まで。

以前から取り組みに協力する伊藤忠商事と伊藤忠プラスチックス(同千代田区)に加え、明和運輸(同足立区)、利根川産業(同)、アース・グリーン・マネジメント(長野県飯田市)、遠東石塚グリーンペット(茨城県境町)も参加する。

回収状況に応じてアプリ画面上で切り株のキャラクターが変化するという新たな見える化の形を試行する。追跡システムにはブロックチェーン(分散型台帳)技術を使う。

日刊工業新聞2022年9月13日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる