旭化成が“世界初”、廃プラ由来の原材料で低燃費タイヤ用合成ゴムを生産

  • 0
  • 2
旭化成のシンガポールのS-SBR工場

旭化成は、2022年3月末までにシンガポールで廃プラスチック由来の原材料を用いた低燃費タイヤ用合成ゴムの生産を始める。シェル・イースタン・ペトローリアム(シンガポール)との間で、廃プラやバイオマス資源由来のブタジエンを購入する契約を結んだ。調達量は非公表。タイヤ各社の持続可能(サステナブル)な材料の利用拡大に対応する。

旭化成によると、廃プラ由来のブタジエンを原材料に用いた溶液重合ブタジエンゴム(S―SBR)の生産は世界で初めてとなる。バイオマス由来原料を用いたS―SBR生産は日本企業で初めて。同社は現在シンガポール工場でシェルからブタジエンを調達しており、その一部をサステナブル由来のブタジエンに切り替える。設備改良は不要で、製品品質は変わらない。

シェルは廃プラ由来の熱分解油やバイオマス原材料をナフサクラッカーに投入し、ブタジエンを含むオレフィンを生産する。国際的に認められた手法に則り、サステナブル原料の割合を任意の製品に割り当てて供給する。

シンガポール工場は旭化成のS―SBR主力拠点で、生産能力は年13万トン。


【関連記事】 ノーベル賞・吉野氏を生んだ旭化成の開発魂

日刊工業新聞2021年11月25日

関連する記事はこちら

特集