宇宙人材拡大へ、JAXAがビズリーチと手を組んだ

  • 1
  • 1

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙分野を担う人材の拡大を目指す取り組みを進めるため、ビズリーチと連携協定を結んだ。異分野からの最先端技術や知識を持つ民間人材の登用促進や、宇宙産業人材の増加につながるキャリア教育を実施する。急拡大する宇宙産業をより成長させるための産業創出・人材支援が加速すると期待される。

宇宙産業の人材増加に向け、両者は大学生を対象としたキャリアイベントを開く。ビズリーチが持つOB・OG訪問ネットワークサービスを活用。JAXA人事部とJAXA発ベンチャーの創業者が、宇宙ビジネスの魅力や日本の宇宙ビジネスの未来について事例を交えて講演する。

日本では宇宙産業の市場拡大を目指しているが、人材が不足しているのが現状だ。特に宇宙・航空専攻の学生が宇宙関連の仕事に就く人が少なく、宇宙産業と外部の人材流動化が活発でないといった課題があった。

日刊工業新聞 2022年7月28日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる