ヤマハ発がロードバイク「MT―10」全面改良、向上した性能は?

  • 0
  • 0

【浜松】ヤマハ発動機は、ロードスポーツバイク「MT-10 ABS=写真」と上級モデル「MT-10 SP ABS」を全面改良し、2022年モデルとして10月26日に発売する。マフラーの消音器の通路径を最適化するなど吸排気系の見直しで、20年排出ガス規制に適合するとともに出力を高めた。価格は192万5000―218万9000円(消費税込み)。国内で年間計500台の販売を目指す。

エンジン回転数や車速に合わせて電子音を合成再生するシステムを採用した。面積と長さの異なる3本の吸気ダクトを備えるエアクリーナーボックスを導入。各ダクトが生む吸排気音を共鳴させ、音圧のバランスを調整することで、聴き心地の良い音が発生する。操る楽しさを体感できるようにした。

エンジンと車体挙動を制御する電子システムで運転操作を支援する。設定した速度に最高速度を制限できる「YVSL」システムも採用した。

日刊工業新聞2022年7月26日

キーワード
ヤマハ発動機

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる