地方入学者に最大200万円の給付型奨学金、芝浦工大の狙い

  • 0
  • 0

芝浦工業大学は、地方からの入学者に1人当たり最大200万円を支給する奨学金制度を導入すると発表した。東京近郊以外の学生を増やし、学内の多様性を高める。2023年度の指定校推薦者のうち、65人程度を対象にする。奨学金は給付型で、学生は返済する必要がない。

芝浦工大が始める奨学金制度「朝日に輝く奨学金」は、1都6県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県)を除く地域からの入学者が対象。年50万円を最大4年間給付する。

芝浦工大は、創立100周年の27年度までに地方入学者の割合を現在の18%から25%に引き上げる計画。新たな奨学金給付制度の導入により、多様な地域の学生が学び、互いの価値観を知る機会を設ける。

同大によると、首都圏の大学は東京近郊出身の学生比率が高く、ローカル化が進んでいることが課題となっている。

日刊工業新聞2022年7月5日

キーワード
芝浦工業大学 奨学金

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる