スズキが「アルト ラパン」改良、そのポイントは?

  • 0
  • 0

スズキは、軽自動車「アルト ラパン=写真」を一部改良して発売した。夜間の歩行者も検知する安全運転支援システム「デュアルカメラブレーキサポート」などを標準搭載した。車体色は新色「トラッドカーキメタリック」「テラコッタピンクメタリック」を設定。価格は125万1800-159万7200円(消費税込み)。

同時にアルト ラパンの「L」「X」グレードをベースにした「アルト ラパン LC」も用意した。外装にはメッキ加工を施した専用のフロントグリルや前照灯周りを装飾する「ヘッドランプガーニッシュ」などを装備。懐かしさを感じるデザインにした。

インテリアは、ブラウンを基調としたレザー調&ファブリックシート表皮や専用色の本革巻ステアリングホイールなどを採用。価格は140万9100-164万6700円(同)。

シリーズ全体の販売目標は月間計3000台に設定した。

日刊工業新聞 2022年6月23日

キーワード
スズキ 軽自動車

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる