ソニーGとホンダが折半出資で設立する「EV新会社」の展望

  • 1
  • 3
3月に日本で初公開されたソニーのEVコンセプト第2弾「VISION-S 02」

ソニーグループとホンダは、電気自動車(EV)販売とモビリティー向けサービスを手がける共同出資会社の設立に合意した。新会社の社名は「ソニー・ホンダモビリティ」。資本金は100億円で、ソニーグループとホンダが50%ずつ出資する。会長兼最高経営責任者(CEO)にはホンダの水野泰秀専務執行役員、社長兼最高執行責任者(COO)にはソニーグループの川西泉常務が就く。

新会社は2022年中に設立予定で、25年にEV販売やモビリティー向けサービスを始める。ホンダの車体開発やアフターサービス運営のノウハウとソニーグループのイメージング・センシングやエンターテインメント技術を組み合わせ、独創的なモビリティーやサービスの提供を図る。

ソニーグループとホンダは3月にEV事業で提携すると発表した。ソニーグループは4月にEV向け事業を手がけるソニーモビリティ(東京都港区)を設立。開発した情報プラットフォームをソニー・ホンダモビリティのEVに提供する予定だ。

日刊工業新聞 2022年6月16日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる