ヤマハ発動機が投入、「大型オートマチック・スポーツスクーター」新モデルの性能

  • 0
  • 0

ヤマハ発動機は、大型オートマチック・スポーツスクーター「TMAX560 ABS=写真」と上級モデル「TMAX560 TECH MAX ABS」の2022年モデルを7月7日に発売する。価格は消費税込みで136万4000円、上級モデルは同155万1000円。国内で年間計300台の販売を目指す。

独自技術による10本スポークの軽量アルミダイカストホイールを採用。物体の回転しにくさを表す慣性モーメントをフロント約10%、リアは約6%低減した。スポーティーな乗り味を引き出すため、ハンドルやシート、ステップを一新し、乗車姿勢が前傾気味になるようにした。

また、メーターには7インチの高輝度薄膜トランジスタ(TFT)液晶を採用。近距離無線通信「ブルートゥース」で接続し、スマートフォンの情報をメーターに表示できるアプリケーション(応用ソフト)も開発した。着信や音楽再生などに対応する。

日刊工業新聞2022年6月7日

キーワード
ヤマハ発動機

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる